HOME
>
グループホームサポートセンター

グループホームサポートセンターいづみ

   はじめに
 

 『グループホーム』とは・・・

平成26年4月、ケアホーム制度の整備・改編が行われ、ケアホームはグループホームと名称を変えました。
私たちは、「共同生活介護(包括型)」(事業所)として、新たな出発をしています。

 介護や支援を受けながらその人らしい生活を支える「家」の役割を持ち、4人以上で共同生活をします。夜間も泊まりの職員が配置されています。
 現在、いづみ福祉会では、2つのグループホーム『第一いづみ荘』『第二いづみ荘』を運営しています。
「自分に合った暮らしを考えたい。」「家を出たいけど夜ひとりは不安。介助してほしい。」
「一緒に暮らしてきた家族も年を取ってしまった。独りで暮らすのが心配。」といったニーズにお応えしながら、普段の生活を大きく変えることなく、家族からも身近で見守られつつ生活できる場として運営されています。
 

 

事 業 内 容

 

 グループホームサポートセンターいづみでは、法人の運営するすべてのグループホームを一元管理し、生活に必要な介護や支援の質の向上を目指しながら入居者の生活支援を行っております。
現在は全体で20名の方が暮らしておられます。

第二いづみ荘玄関

 
グループホーム「第一いづみ荘」「第二いづみ荘」のご紹介

 


 私たちが心がけていることは、主に2点あります。


      
ご利用者さんが自立した日常生活を営むことができ、その意思及び人格が尊重され、楽しく安全に毎日を過ごすことが出来るようにすること。

 
地域との結びつき大切に、ご近所のみなさんや ほかの福祉サービス事業者、医療機関とも連携していくこと。


ご家族とも連携しながら、ご利用者さんの暮らしをサポートする、そんな事業所です。

 

 

●お問い合わせ●

 TEL:0774-34-2123

 FAX:0774-34-2277

 E-mail:ch-support@idumi-fukushikai.or.jp