HOME
>
法人概要
>
いづみのあゆみ

 

いづみのあゆみ

 

 

昭和62年

加茂町・笠置町・和束町・南山城村の障害児をもつ家族が中心となり、「養護学校の卒業後の進路を考えよう!」「相楽郡東部にも共同作業所を!」という願いをもって運動を開始。

昭和63年

3月  和束町社会福祉センターにて「相楽東部に共同作業所を作る会」が発足。

     その後、6人の在宅障害者と2人のスタッフで、週3回の「青年学級」を開始。

9月    加茂町現光寺に心身障害者通所施設「いづみ共同作業所」が開所。

                                ≪利用者7名 職員2名≫

平成2年

12月 加茂町里にて新作業所竣工式。               ≪利用者11人・職員3人≫

平成3年

4月  各町村の社会福祉協議会・民生児童委員協議会・身体障害者協議会の皆様のご支援で、

     いづみ共同作業所を守る会発足。

平成4年 4月  精神に障害をもつ利用者が増え、精神障害者共同作業所を併設。
平成5年

4月  重症心身障害者通所援護事業を開始。

6月  「家以外でも安定して過ごせるように」「親亡き後に備える」「自分で出来ることを増

    やす」をテーマに宿泊訓練の開始。

11月  作業所開所5周年記念『作業所まつり』を開催。     ≪利用者19名・職員6名≫

平成9年

4月  緊急一時保護/レスパイト事業を作業所と保護者会の共同で開始。

    社会福祉法人設立を目指して「将来構想委員会」を発足。

12月  加茂町に土地の提供や資金援助についての要望書を提出。

平成10年

7月   利用者の増員により一棟増築。

11月    作業所開所10周年記念『作業所まつり』を開催。    ≪利用者27名・職員8名≫ 

平成11年

4月   作業所まつりin南山城村開催。

7月   加茂町観音寺を法人開設地として決定。法人設立のアピール。

平成12年

7月 京都府との協議を開始。

12月 隣地地権者の同意を得て、地元区との協議終了。     

平成13年

7月 京都府より社会福祉法人の認可を得る。

8月 加茂町観音寺で起工式。                ≪利用者42名・職員14名≫

   知的障害者通所授産施設、精神障害者地域生活支援センター

平成14年 4月 グループホームを開所。
平成17年

(4月 支援費制度が始まる。)      ≪知的障害者通所授産施設利用者50名・職員18名≫

9月 加茂町里にてサービスセンター・児童デイサービス事業開始。                        

                   ≪地域生活支援センター利用登録者28名・職員4名≫

                      ≪児童デイサービス利用児童13名・職員6名≫

その他、短期入所事業・日中一時支援事業・ガイドヘルプ事業・相談支援事業

                      ≪サービスセンター利用登録者8名・職員2名≫  

平成18年 (10月 障害者自立支援法が施行。)
平成21年 3月 いづみ20周年記念『いづみまつり』開催。
平成22年

4月 児童デイサービスきづ開設。

10月 『第四回いづみまつり』開催。

平成23年 4月 ケアホーム第二いづみ荘開所。
平成24年

11月 相談支援センター 木津へ移転。

   児童デイサービスきづ第二開所。

平成27年 4月 第一いづみ荘を移転開所する。
11月 ワーキングサポートちくたくを開所する。
   地域活動支援センターを移転する。
平成28年 7月 児童デイサービスかも第二を開所する。